So-net無料ブログ作成

マッサン 感想 30話 11月1日 [マッサン 感想 30話]

マッサン 感想 30話


3連休初日です

外は曇り空です

スッキリ晴れて欲しい~


では、早速「マッサン」第30話の感想です~


マッサンは住吉酒造に退職願を出しました


社長は自分の力量が無くて申し訳ないと

謝ります


これからは自分のことは忘れてくれ

俺もお前のことを忘れる…


なんとも切ない言葉です…





マッサンは職場の皆に最後の挨拶をしに行きました


口だけでもウイスキー作りを諦めましたって

言うといたらええねんっていう好子さんの言葉に

口だけの男にはなりたくないと言います


かっこいいですね~!


そして矢口専務にも挨拶をしに行きます


続きは後半で!













後半はここから



「未練たらたらの顔しとるのう」


矢口専務はマッサンは生まれてくる時代が違ったのだと言います


矢口専務なりに少しは応援する気持ちもあったのでしょうか


しかし会社の経営状況を考えると反対せずには

いられなかったのでしょうね…



優子さんの結婚式の日がやって来ました


人力車でやってきた優子さんをエリーとマッサンが

待っていました


エリーが刺繍したハンカチを優子さんに渡します


日本に来て初めて喧嘩した人

そして初めての友達


切ない別れです


今週の『内助の功』は何だか切なかったですね…


住吉酒造を辞めてしまったマッサン

これからどうなるのでしょうか


来週『情けは人のためならず』も楽しみです♪



最後までお読みいただきありがとうございます!

今日も1日あなたに笑顔と幸せを~


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。