So-net無料ブログ作成

マッサン 感想 22話 [マッサン 感想 22話]

マッサン 第4週「破れ鍋に綴じ蓋」
22話 感想




NHK朝ドラ「マッサン」すっかりファンになりました通称マッサンです。笑


名前に「松」ってつくひとってマッサンってあだ名よくありますよね、


ドラマではマッサンは政春さん「マッサン」ですが・・。

いつも名前は間違えられてばかりいる私ですが、
今回は気分が良いです。


それでは第22話マッサンの感想いきま〜す



ワインボトル破裂の一騒動で鴨居商店の会議に出席する鴨居社長とマッサン。


そこで見た光景がマッサンにとっても私にとっても印象的でしたね。


マッサン的には、鴨居社長は初めてあったときから「独裁者」と思っていたようですが、

鴨居商店の会議を見て前回と同様、鴨居社長に対するイメージを

あっさりと覆されました。


後半へつづく











後半はここから



おもしろかったです。



鴨居社長は独裁でなく、ユーモアのある実に柔軟性に富んだ実業家であること。



会議で社員達が個性を光らせながら、自由に自分が思うことを次々に発言していることに

マッサンも驚かされたようですね。



その仕事風景が実に素晴らしかったと帰宅してエリー話すマッサンの楽しそな表情に

エリーもかなり嬉しくて満面の笑顔。



思うんですが、


働くならやっぱこういうところで働きたいと思います。


誰も奴隷のように「社長の言う事にだけに従っておけ」なんていう独裁的な環境・会社で働きたい
と思うでしょうか。


これは自分に会社にぜひ参考にしてほしいと思いましたね。


ま、連中に見せても多分感受性が?だから気づかないでしょうが・・・


ってちょっと愚痴まじりな感想になりました〜汗




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。