So-net無料ブログ作成

マッサン 感想 19話 [マッサン 感想 19話]

マッサン 第4週「破れ鍋に綴じ蓋」
19話 感想



お疲れさまです。

今週は出張で昨日帰ってきましたので
今週(第4週)分が書けてなかったので今日と明日で


出来る限りかぎり書きたいと思います☆




先週から季節が変わって、夏(1920年・大正9年)になりました。



日本の生活にもすっかり慣れてきたエリーは


後半へつづく











後半はここから


大阪のご近所さんと井戸端会議をするまでに。

そこで新たな日本語を教えてもらってるのですが、

日本語というよりも関西弁ですね。笑





「ボチボチ」「一本とられた!」のこの掛け合いが面白くて好きですね。


しかも外国人であるエリーが言ったら更に面白い。


なぜ外国人が関西弁話したらおもしろいんでしょうね?。


ちなみに知りあいのアメリカ人は、京都弁、大阪弁、滋賀の訛りまで
マスターしてたからビビります。




エリーは井戸端会議で親友のキャサリンに

「男は仕事が順調になってきたら浮気に注意しろ」とアドバイスされて、

最近、マッサン(政春)がようやくウィスキー作りの夢に動き出すことができた
ところで

マッサンに浮気の不安を感じたエリーは、

お弁当を作ってマッサンの職場に出向きます。

まああれほど、鴨居の社長とかに仲良くハグされて嫉妬するマッサン、


やっぱりそんなことはなく浮気の疑いが晴れますね☆



いや?個人的にはマッサンよりもエリーちゃんの動きが気になるマッサン([←]私のあだ名)でした?。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。